ある主婦の徒然草

本と映画が好きな主婦の備忘録

赤いカラス

赤いカラスと言うより、むしろ真っ黒な闇みたいなカラスで目だけ赤いってイメージ…。

Crystallize~君という光~

Crystallize~君という光~


わたくしの人生のBGMと言っていいくらい、
魂に響く歌を作り上げる方たち…。
ざんねんながら2013年に「全てを出しきりました」という言葉を残し、解散してしまった😢

ボーカル中村由利さんのつくる曲にキーボードと作詞担当のAZUKI 七さんの歌詞が織り成す世界観が本当に大好きだったなぁ😍😍😍

例えていうなら、小さい頃から使ってる肌触りの柔らかな毛布にくるまれてるみたいな…
温かさと自分を肯定してくれる匂い…
それは、絶対的に安全で安心な癒しの世界。

わたくしは活字や本が好きなんですが、活字ならなんでもいいわけではなくて好き嫌いがとてもはっきりしてます。

本は、最初の数行で相性の良し悪しがわかってしまうので、その段階で好きじゃないものは読み進めません。
よく、読み始めたらどんなにつまらなくても最後まで読みきるタイプの人がいますが(母親がまさにこのタイプ)、わたくしはそんな時間があるなら別のいい本に出会いたいと思ってしまう。

時間の無駄だし、そもそも我慢ができないんで(笑)

わたくしが心を掴まれる、魅了されやすい作品には共通点があって、それはつまり…


描写がリアルでありつつ、抜くとこ抜いていて想像力が掻き立てられるーさらに、読者に追体験させつつ、欠けたところは自由に妄想させてくれるもの

なんです😚

なんというワガママ!

でも食べ物や着るものの好みもはよく変わるわたくしですが、この好みだけは恐らく一生涯変わらない気がする。

で、話は戻って。
このワガママな好みにドンピシャなのが、GARNET CROWだったんですな。

中村由利さんの声は不思議で、澄んだ低音の底の方にマットな質感があって、
AZUKI七さんの歌詞は、ひとつの文学作品みたいにちゃんとストーリ性にあふれてる。

2つが組合わさってえもいわれぬ趣きが出来上がり、それが聴いているわたくしの魂ごとガチ掴みするんですわ。

GARNET CROWの名前の由来は、
GARNET (ガーネット)の真紅のような深い味わいと、CROW(カラス)の不気味さを合わせたーとか聞いたことありますけど、まさしく真っ赤な情熱を漆黒の闇で包み込んだ世界観が魅力といえるでしょうね👍👍✨

好きな曲はたくさんあるけど、
クルミ割り人形を彷彿とさせる『marionette fantasia』、アンニュイなリズムの『Holy Ground』、爽やかな恋の後味を覚える『恋することしかできないみたい』がわたくしを重度の妄想家にさせます(ノ´∀`*)~♪~♪~♪


さて、今日はどんな妄想に耽ろうか…